ワイ・バイナリー/ybinaryレビュー評価

バイナリー日経225の違いとは?

バイナリー日経225の違いとは?

 

バイナリーオプションと日経225の違いとは?

 

 

日経225とは「日経」という名前からもわかるように、
日本経済新聞社が定めた、
日本株の中でも業種を代表する225銘柄のことです。

 

ニュースなどで「日経平均は・・・」と言って放送される株価指数は、
この日経225のことを指しています。

 

これと似たような株価指数に「日経TOPIX」がありますが、
こちらは東証株価指数のことで、
東証一部に上場している株式を全て含みます。

 

この「日経TOPIX」と並んで、
「日経225」は日本の経済動向を探る上で

 

重要な手がかりの一つであり、
日本における代表的な株価指数だと言えます。

 

海外では「NIKKEI225」とローマ字表記されており、
オプション取引や先物取引、金融デリバティブ商品などが
海外の投資家からの取引も受けている株価指数です。

 

ただ、バイナリーオプションと日経225はまったく違います。
というよりもバイナリーオプションは取引の名称ですが、
日経225はバイナリーオプションで取引できる銘柄のうちの一つです。

 

ですから、バイナリーオプションで日経225の銘柄を選んだ場合は
少し混乱するかもしれませんが、バイナリーオプションと日経225は大きく異なります。

 

例えば日経225の場合、FXのように為替の勉強だけではなく
様々な情報を噛み砕いて予想する必要があります。

 

その為、かなり難易度の高い投資となります。
また、FXと日経225に共通していて
バイナリーオプションにないのは、リスクの高さです。

 

日経225やFXなどの場合、デリバティブオプションなどで突然値下がり、
急な暴落などが万が一あった場合、「追い証拠金」という損失が発生し、
資金の大半を失うことがありえます。

 

その一方で利益を得る時も天井知らずの値上がりを見せて、
一回の取引で莫大の利益を得ることも可能なのが日経225とFXなどの取引です。

 

しかしバイナリーオプションではリスクも利益も限定されています。
仮に場が荒れてFXや日経225であれば大きな損失をかかえるほどの

 

取引結果だったとしても、
バイナリーオプションにおける損失は
最初に投資した金額とイコールです。

 

それ以上の金額を請求されて、
資産のほとんどを失うようなことはありません。

 

その分利益も限定的ですが、着実に資産運用し、
少しずつ利益を出していくにはいい取引だと言えます。

 

バイナリーオプションでは日経225や日経TOPIXの他にも
NYダウやヨーロッパの株価指数、金などの現物資産はもちろん、
円やユーロ、ドルなどの外貨為替も取引銘柄です。

 

日経225のみではなく多くの銘柄から選ぶことができるのは、
投資家にとってメリットと言えます。

 

今最も注目度の高いバイナリーオプション業者は、
こちらのワイ・バイナリーybinaryです。詳しくはコチラ↓↓↓
バイナリー日経225の違いとは?

 

関連サイト


評価レビュー バイナリーガイド バイナリー戦略 用語集 お問い合わせ