ワイ・バイナリー/ybinaryレビュー評価

バイナリーの税金について

バイナリーの税金について

 

バイナリーオプションの税金について

 

 

実は7、バイナリーオプションで得た利益は「所得」となります。

 

ですから、バイナリーオプションで利益が発生した場合は、
税務署にとがめられる前に税金を納めなければなりません。

 

万が一ですが、バイナリーオプションで得た利益が少額だからといって
納税の手続きをしない場合は脱税となってしまい、犯罪につながります。

 

そのような気持ちではなかったのに、
ということもありえますので、十分に注意しましょう。

 

まず、バイナリーオプションで得た収益は「所得」の中でも
「雑所得」となります。

 

ですから、毎年2月半ばから3月半ばにかけて行われる確定申告の際、
申告が必要になるのは20万円を超える収益を獲得した場合です。

 

20万円を超えず、ちょっとした趣味の範囲で取引を
行っている場合は申告の必要はありません。

 

しかし、バイナリーオプションはルールの割に勝った時の
ペイアウト率も比較的高い金融商品です。

 

1万円ずつでも勝っていくと、気づけば20万円を超える収益を上げていた、
なんてこともあるので、自分では少額だと思っていても、
念のため計算されることをお勧めします。

 

この「雑所得」とは所得税法35条にて、
「利子所得、 配当所得、不動産所得、事業所得、
給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得および
一時所得のいずれにも該当しない所得」と定義されています。

 

もちろん会社の所得とはわけられていますから、
このバイナリーオプション取引に使用した経費もきちんと
申告しなければなりません。

 

まず経費の一つとして申告できるのが「取引手数料」です。

 

また口座への入金の際に必要になった「振込手数料」も
申告できる経費の一つです。

 

その他、投資を始める際に受講したセミナーの代金なども
経費として申告できます。

 

その他投資に必要な設備費用として
「パソコン購入代金」や「文房具」、

 

市場動向を読み取るためのツールとしての
「雑誌・新聞など書籍代金」も経費となります。

 

これらを経費として申告した上で、
利益に応じた税金を納めることになります。

 

この税金のことを考えると、
20万円を少しでるくらいの利益を上げるくらいならば、
20万円以下にギリギリとどめて取引をもうしないほうが
いい場合も考えられます。

 

ですから、20万円というのを大幅に超えるか、
未満におさめるかのどちらかが税金を考慮すると
得策と考えられます。

 

このラインを見越して、どのような取引スタイルで
バイナリーオプション取引を行っていくのか、
まず決めておくといいでしょう。

 

今最も注目度の高いバイナリーオプション業者は、
こちらのワイ・バイナリーybinaryです。詳しくはコチラ↓↓↓
バイナリーの税金について

 

 

関連サイト


評価レビュー バイナリーガイド バイナリー戦略 用語集 お問い合わせ