ybinary/ワイ・バイナリーレビュー評価

バイナリーのスワップ金利

バイナリーのスワップ金利

 

バイナリーオプションのスワップ金利

 

 

金利、と聞くと一般に思い浮かべるのは家のローンの金利や、
車のローンの金利などでしょう。

 

家のローンで考えると3年や5年、10年などと金利が固定される
「固定金利」というものと安い代わりに半年ごとに見直しがある
「変動金利」という二種類の金利があります。

 

この時、3年固定の金利で1.3%だったけれど、
その間金利が下落傾向にあり変動金利でずっと
1%くらいだったとします。

 

すると、固定金利で借りていたので変動にしていれば
1%の金利だったものを0.3%も多めに
払わなければならないということを不満に思ってきます。

 

一般家庭の家のローンの金利であれば後悔して終わりですが、
企業が借りるお金は莫大ですからたった数%も馬鹿にできません。

 

このような場合企業はどう動くかというと、
借りている銀行とは別の銀行へ行き変動金利で借りる、
もしくは固定がいい場合は固定金利で借りる金利交換取引を行います。

 

これを「金利スワップ取引」と言います。

 

つまり、スワップ金利とはお金を借りている人が、
金利動向を見計らって固定から変動へ、または変動から固定へ、

 

適応する金利制度を変えることで新たに
適応されることとなる金利のことを指します。

 

ではバイナリーオプション取引において
スワップ金利はどう関係してくるのでしょうか。

 

FXやバイナリーオプションの世界において
「スワップ金利」とは別名「スワップポイント」とも呼ばれる
金利差のことを指します。

 

金利水準が異なる通貨を交換する時受け取る、
または支払う金利差のことを指します。

 

ですから普段家のローンや車のローンを掛け替える際の
「スワップ金利」とは意味的には少し違う要素を持ってくるのです。

 

よくある例としては金利の低い日本円で
金利の高い外貨を買ったとします。

 

すると、外貨を所有している間はその外貨に対する
「スワップ金利」を受け取ることができる仕組みです。

 

これに加えFXで活用されている「レバレッジ」を
活用するとどうなるでしょうか。

 

「レバレッジ」によって大きな金額での取引が可能になり、
受け取る「スワップ金利」も上昇します。

 

この「スワップポイント」「スワップ金利」ですが、
現在のところ外貨預金の金利よりは高く、
有効に使えるようです。

 

もちろん各通貨の金利情勢によって変動はしますが、
円預金よりははるかに利率が良いのも魅力です。

 

バイナリーオプションにおいては
投資家が余暇で楽しむ取引として実行していることも多く、

 

この「スワップ金利」で得た少額のお金をさらに増やすべく、
バイナリーオプションに投資している人も見られます。

 

為替レートによっては「為替差益」を受けられる可能性もあり、
スワップ金利は少しバイナリーオプションに
慣れてきた方は投資を検討しても面白い商品かもしれません。

 

ただし、あくまで金融商品です。

 

例えばですが、自分が投資した通貨が下落したり、
急に利率が大幅に下がったりするなどして利益をもたらさない、
最悪の場合は損失につながるという場合もあるでしょう。

 

まずはFXの知恵、バイナリーオプションの知恵をしっかりと
身につけてから、行うといいでしょう。

 

今最も注目度の高いバイナリーオプション業者は、
こちらのワイ・バイナリーybinaryです。詳しくはコチラ↓↓↓
バイナリーのスワップ金利

 

 

関連サイト


評価レビュー バイナリーガイド バイナリー戦略 用語集 お問い合わせ