ワイ・バイナリー/ybinaryレビュー評価

バイナリーのリスクについて

バイナリーのリスクについて

 

バイナリーオプションとリスクとは?

 

 

バイナリーオプションはリスクの極めて低い金融商品と言われます。
FXや株式の場合、常に市場に目を配り、リスクが大きくなりすぎる前に

 

何らかの対策をうつなどしなければ、
手遅れの場合多大な損失を被ることになりえます。

 

しかし、バイナリーオプションは金融商品ですから、
スーパーで買い物をするのとは違います。

 

買い物をすれば必ず買ったものが手に入りますが、
バイナリーオプションでお金を払ったからといって
必ずそれなりのものを与えられるという確証はありません。

 

これは金融商品ゆえのリスクと言えます。

 

バイナリーオプションのリスクは
「オール・オア・ナッシング」というルールにあります。

 

得るか得ないかという言葉通り、利益をあげられるか、
投資額を失うかのどちらかです。

 

ですから、例えば円高に投資していた場合、
たった1円だけ円安に転じてしまったという
結果に終わった場合でも、

 

10円円安に転じる大荒れな円安結果であっても、
損失額は決まっていて必ず全て投資額を失います。

 

また、もう一つのリスクとしては、
バイナリーオプション取引の時間が短時間でできるため、
たくさん取引を重ねて負けが重なった場合、
損失が膨らみやすいという点です。

 

オール・オア・ナッシングのルール故に、
負ければ全ての投資額を失います。

 

この投資額が例え1万円ほどだったとしても、
たった10分後に取引終了してしまった場合、

 

まだまだ時間があると思ってつい投資しすぎてしまい、
一日で100回ほど投資したとします。

 

1/2の割合で勝ったり負けたりしたとするとペイアウトが1.8倍、
手数料なしと仮定した場合、90万円の勝ちペイアウトを受け取り、
100万円の投資額を失うということになるので、
一日で10万円の損失を出したことになってしまいます。

 

たった一日で10万円の損失は普通のサラリーマンや主婦が
片手間に使うには大きすぎる金額となるでしょう。

 

また勝つ確率自体は1/2だとしても実際には前後しますから
負け続きの場合それよりも損失額が大きくなる可能性もあるのです。

 

このように聞くとギャンブル性が高いと感じる人もいるでしょう。

 

ギャンブルではありませんが、バイナリーオプション取引は
金融商品の中でもルールが単純なので
その分ギャンブルに近い性質を持っているのも確かです。

 

ですからしっかりとしたリスク管理、資金管理をして
堅実に取り組まなければなりません。

 

しかし、バイナリーオプションはそのリスクの低さで
人気を博している金融商品です。

 

無理な投資をしたり、
市場を読まずに単純に賭け事のように投資したりしなければ、
勝率も高めて成功させることができる取引ですから、

 

一度負けても自暴自棄にならず堅実に
取引をこなすことが大切です。

 

今最も注目度の高いバイナリーオプション業者は、
こちらのワイ・バイナリーybinaryです。詳しくはコチラ↓↓↓
バイナリーのリスクについて

 

関連サイト


評価レビュー バイナリーガイド バイナリー戦略 用語集 お問い合わせ