ワイ・バイナリー/ybinaryレビュー評価

勝率何%あれば稼げる?

勝率何%あれば稼げる?

 

バイナリーオプションでは勝率何%あれば稼げるのか?

 

バイナリーオプション取引は簡単に言えば丁か半かというルールです。
オール・オア・ナッシング、つまり失うか得るかどちらかの取引で、
それ以外はありません。

 

そうなった場合、賭け事だった場合は、
当たる確率は1/2、勝率50%となります。

 

しかし、バイナリーオプションは、ルールは似ていても金融商品です。
賭け事と違い事前に予測できる情報がたくさんあります。

 

それにより市場の動向を読み解くことができれば、
勝率は50%にとどまらず、どんどんアップしていくことができるのです。

 

しかし、勝率は100%になることはありません。
やはり何度も勝っていてもいつかは負けるときがあります。

 

では、一体どれくらいの勝率で取引を成功させていけば、
設けていくことができるのでしょうか。

 

では、勝率がどれくらいあれば設けられるのかを考えてみましょう。
バイナリーオプションは最低でも1/2、50%の確立で成功することができます。

 

しかし50%の勝率にとどまってしまった場合、
投資金額が同じ場合にはマイナスとなってしまいます。

 

比較しやすいよう、勝率50%で毎回同じ金額を投資したとします。
その場合、投資に失敗した場合は100%の金額を失うことになります。

 

しかし、次に買った場合は投資した金額が増えて帰ってきます。
この時の「ペイアウト」倍率は業者によって違いますが、
平均的に180%ほどとします。

 

すると、二回とも同じ金額を投資した場合であれば合計で
10%ほどがマイナスとなってしまいます。

 

ですから、勝率50%では資産を失うほどの損失はないものの、
儲かっていくということにはならないでしょう。

 

では70%、80%などの高い勝率が
必要なのかというとそうでもありません。

 

バイナリーオプションはリスクが限定されている分、
取り戻すときに大きく取り戻す必要はありません。

 

勝った時の利益も、低リスクの割に高いと言えるでしょう。
ですから、7割8割の高い勝率は儲けるのに
必要ではないということになります。

 

ではどれくらいの勝率であればいいのでしょうか?

 

これは投資する金額が毎回同じという人は少ないので、
その投資金額のばらつきにもよるのですが、
同じであればおよそ56%と言われています。

 

これはあくまで同額の取引で月に1000回ほどの取引をしたと
仮定した場合ですから、回数がそれなりにあった場合となりますが、
56%ほどの勝率であれば560勝440敗となります。

 

560勝すべてが1.8倍のペイアウト倍率で利益をあげ、
440敗すべてがナッシングとします。

 

一回の取引に5万円投資したとして
月間40万円の利益を挙げられる計算になります。

 

この時手数料などは入っておりませんので、
回数が多い分手数料がなるべくかからない業者を選びましょう。

 

上の計算は日本のバイナリーオプション市場で
よく行われているハイ&ロー取引についての勝率計算です。

 

月間でそれだけ投資し続けるというのは一般の方には無理とも言えます
しっかりと資金繰りをして、勝率計算をする前に、

 

何より勝率を上げるべく市場を読み解く力をつけることが、
何より儲けにつながると言えます。

 

今最も注目度の高いバイナリーオプション業者は、
こちらのワイ・バイナリーybinaryです。詳しくはコチラ↓↓↓
勝率何%あれば稼げる?

 

 

関連サイト


評価レビュー バイナリーガイド バイナリー戦略 用語集 お問い合わせ